索道運材
a0031522_230487.jpg

無謀にも3日間(実際は5日くらい)で完成を目指したのですがここまで・・・

前回モジュールと連続するコンセプトで、索道の上部盤台を中心とした風景(右下モノクロ画像)をモチーフとしています。高低差を大きくとったところがポイントです。

実はこのモジュール、ルール違反もハナハナダしく本線と接続することはできるのですが、共通規格の本線はありません、つまり通り抜けが出来ないのです。
枝線の終点にしか設置できないということです。でもまあ2作目だし色々な可能性を模索する意味はあるのではないかと皆さんにはご理解いただいてます。

地形製作が思いのほか手強くこの体たらく、後は美味しいところが待っている、楽しんで進めます。
[PR]
by araraxi | 2004-10-21 23:20 | Models
<< 8100 その1 代燃と作業軌道 >>