On2のKOPPEL
a0031522_43483.jpg

小さなタイプのコッペル、特に小型の機関車には、足元の引き締まった2フィートが似合うようです。
古くは東原さんのHOn2のポーター、その後は70年代のTMSだったでしょうか、乗工社のコッペルを6.5mmに改軌した記事が、印象深く記憶に残っています。(サイドタンクをボトムタンク化もされていました)
当摩さんのコッペルも、もちろん2フィート化です。
改軌については稿を改めますが、村上さん曰くのバックシャンの話・・・
シェイのオープンキャブのスリコミか、Oナローの定石か、キャブインテリアが精密感を盛り上げてくれます。パーツは、その昔、珊瑚で分売されたコッペル用のモノです。少々大柄ですが外から見れば、目鼻立ちがハッキリと言ったところで、ゆるゆる楽しんでいます。
ブレーキレバーを少々高めにセットして、アクセントに。補強アングルとの関係も表現してみたかった一つです。
大きく開いたキャブの開口上に、少し背中を丸めたフィギュアを乗せたいですね。
[PR]
by araraxi | 2012-04-22 04:07 | KOPPEL
<< On2のKOPPEL その2 和製 Decauville >>


その他のジャンル