Betsyのこと
a0031522_1113093.jpg

Betsyと名付けられたこのギャードロコは、米カリフォルニアの森林鉄道で実在(笑)した異端中の異端です。
モデルは、HOn30 9㎜ナローでキットと完成品が杉山模型の手によって世に出されました。
サスガにこの形態、そのデカさとも相まって日本では受け入れられなくて最も売れなかった製品だそうです。
プロトタイプはこちらでご覧ください。
プロトタイプは3フィートゲージの機関車で、70tもある3トラックのシェイなどと同じレールを走るわけですからデカイのはデカイ、それを云々言う方が野暮かもしれません。
むしろ、このいい怪しい伝導機構を楽しみたいモノです。

モデルは、いい加減なキャブを作り直してオープンキャブに、キャブに横たわっていたキドモーターをコアレスに換装、ボイラー内に押し込んでキャブインテリアをコチョコチョと楽しみました。
とは言ってもこのデカさ、ボイラーを下げることでシェイプアップ、シェイやクライマックスと並んでもおかしくない雰囲気になりました。

あと手を加えるとすれば、中央の歯車のスポークを抜く辺りでしょうか・・・
[PR]
by araraxi | 2005-01-16 01:30 | Models
<< 雨宮の5t 8100 その16 >>


その他のジャンル