軽便鉄道模型祭 その5
a0031522_024225.jpg
長者丸さんの6.5mmのグルグルパイク(手前)の刷り込みがHOn2への道を歩ませたと言っても過言ではありません。
もちろん、それ以前に名取さんの生駒などありますが・・・クリッターズクラブの足下に修羅さんの「ハコ」をお借りして、展示台を作っていただきました。
長者丸さんのパイクと並ぶと妙に繋がって見えるのですコレが、いやぁ〜土工の魂を揺さぶられますねぇ、行田の酒藤あたりを6.5mmにしましょうか・・・imonの祭限定キャブが使えそうデス。
その前に、作業部長!ナベの詰め方、教えて〜!

まーくん、長者丸さん、
そーだったのですね、鳴尾は橋本さんの作だったのですね、納得です。

オノデラさん、
北村さんとの2ショット!ボケてないヤツ送りましょうか、ナカナカ絵になってますよ。ピン違いで失礼。ご所望のピンは後日・・・

修羅さん、
晩春の改題、良かったです「季節は春夏秋冬だけじゃない!」新たな表現への挑戦ですね。画像、手ぶれで・・・残念、残念ついでに北村さんも残念でした。次回は是非。修羅さんのレイアウトには圧倒されたけど、宮野さんの車両には、その大きさにハマリそうデス。Snあたりで何かするのもいいねぇ。

a0031522_0243733.jpg
「乗工社モノは何があったの?」という問い合わせをいただきました、トリミングしてみました。見えるでしょうか、亀の子完成品がIMONブランドで、この他にクレーンカーなども、上のゴチャゴチャには、プラフレームや動輪、偏芯台車などのパーツがありました。
来年もお願いIMONさんって感じでしょうか・・・
[PR]
by araraxi | 2005-10-17 00:49 | Event/Festival
<< 閑話休題 軽便鉄道模型祭 その3 スゲぇ... >>