井笠のコッペル
a0031522_0441765.jpg■井笠のコッペル1〜3号機

B型のホイルベースとサイドタンク、そのプロポーションからか、模型では少々鈍重なイメージを持っていました。
これには乗工社の9mmナローのスリコミがあったことは否定できません。
乗工社、多くのモノが絶妙なディフォルメですが、個人的には、少々長めの煙室周りがもう一つです。
この違和感は頚城の2号機にも同様に感じていたのですが・・・

井笠のコッペル、実物をじっくり観察してみると大きめのスティームドームとサイドタンク、煙突が良くバランスしています。

a0031522_0394429.jpg
■On2_1/2のコッペルです。
ドームのプロポーションなど、かなり手が入っています。
何にも増して、嬉しいのはその足回りの引き締まった雰囲気、バルブギャー周りの寸法がつまっていて、全幅のスリムな印象が良く出ています。
[PR]
by araraxi | 2007-01-24 23:22 | KOPPEL
<< 小さなコッペルと軽便祭 RIDE THE SANDY ... >>


その他のジャンル