OPEN CAB SHAY
初期の比較的小型のシェイにみられるスタイルに、オープンタイプのキャブを持つものがある。
a0031522_0301285.jpg
杉山模型としてはBABY SHAYと名付けられた13tシェイに次ぐ2作目、城南モデルOEMのCN60、ATA,OEMの魚梁瀬を加えると4作目となる。
動力伝達は試作的なものでコールバンカーに寝かせた並木の10Cのコアレスからウォームを2段かませた少々複雑な物。モーター回転数とスピードのバランスが悪く、ブラシが薄いこともあり、モーターがお釈迦になったものも多いと聞く。
上のシェイは、モーターをボイラー内に換装する大工事を行った。
その後の同タイプ(ボイラー内モーター)に比べ、エンジン位置、ボイラー高さが異なるなど、簡単にボイラー内に入らず、かなり手を焼いた。当時一部に流通したジャンクパーツを利用した一品物のオリジナル仕様となっている。
このキャブ形状は杉山さんの創作が入っている、各部の特徴から強いて言えばCN3桁代、正確には特定機ではない。
[PR]
by araraxi | 2008-05-13 00:30 | SHAY
<< 或る1台のシェイ 製材所とSHAY >>


その他のジャンル