或る1台のシェイ
a0031522_234465.jpg
2台並んだシェイは、いずれも13tクラス、右の1台は下で紹介したオープンキャブ(CN774)として製品化されたものそのもの。比べていただくとその変更点が見ていただけるかと思います。
左の1台は、完膚なきまでに手を入れた1台です。
改造点は、完成品を一度バラして全長を3mmほど短く詰め10tクラスに、コールバンカーは乗工社の小さなものに交換、キャブは自作。
その他、ヘッドライトをギルピンNo,5イメージの大型油灯に、細かなところでは、煙突の高さ、後部砂箱などにも手を入れた・・・トドメはサウンド、コ−ルバンカーにスピーカー、ボイラー水平部分にコンデンサーを詰め込んみ、ボイラー縦部には、モーターが納まり、内側には立錐の余地もない(苦笑)
コールバンカーはドコへ行ったかって?下で見ていただいた乗工社のシェイを、もう一度ご覧ください。
こんなカスタマイズが、シェイの楽しみの一つではないでしょうか。
[PR]
by araraxi | 2008-05-18 02:48 | SHAY
<< SHAYは男のロマン? OPEN CAB SHAY >>


その他のジャンル