魚梁瀬のSHAY、阿里山時代
a0031522_23214452.jpg
画像は、古絵葉書から・・・そう!この後ろ姿はまぎれもなく13t Shay。
おそらくCN2001が、台湾に渡った時代の姿であろう。屋根の緩いカーブはオリジナルだ、後に魚梁瀬で改造されたのだろうか、鉄製のフレーム構造の4段ウッドバンカーも健在である。後部サンドタンク、煙突・・・などなど13tの特徴を見ることが出来る。
裏面には、東京國文社印刷の表記。画面枠外には、Viaduct and Tunnel at the end of Horseshoe Curve on Arisan Railway, 5 per cent grade, 35 degree curve.とある。
何はともあれShay好きには、堪えられない出会いである。
[PR]
by araraxi | 2009-08-23 23:00 | SHAY
<< Rail Truck と ログカー 1939 Pontiac Ra... >>


その他のジャンル