カテゴリ:Printed matter( 12 )
西尾写真 8巻
a0031522_293888.jpg
先日の成田で、けむりプロの杉さんが「今度の西尾さんの本は、ともかく・・・」が頭の隅に残っており、遅ればせながら手にしました。
炭礦好み、アメリカンナロー好きにはたまりません。車両のみでなく風景の魅力、歴史の厚みがたっぷりです。お気に入りの8050や、美しいランケンハイマーも!
[PR]
by araraxi | 2010-05-23 02:10 | Printed matter
マリオンスティームシャベル/ダットサン
a0031522_0333848.jpg紙ものの話題を少々。

クダンのダットサン1/43キットは、グンゼから発売されていました。良くできたホワイトメタルで、その後のメタルキットのベースが培われていたと言っても良いでしょう。(市電のプラモデルの一部パーツをメタル化した版など)
一緒に入っていたシートが画像上です。やはり和物はダットサンフェートンのみ、車種と大きさによって値段と箱が異なっていました。これらを探していた頃は、Oナローに使えそうな民間車の状況は厳しく。特にナローや蒸気に合う古い時代設定のものとなると皆無でした。日本型に限らず、A型,T型フォードなども手に入りませんでした。
現在のエブロのラインナップなど、隔世の感がありますね。

画像下は、マリオンスティームシャベルの写真集です。この手の蒸気時代の機械ものは、機構が見える魅力があります。まぁシェイは、その最右翼という訳です。この手も入手難でしたが、今じゃあAmazonでワンクリックです。
[PR]
by araraxi | 2010-05-17 22:15 | Printed matter
年のおわりに・・・
a0031522_235334.jpg
年の終わりにドサッと届いたのは、アメリカからの荷物でした。
ファインスケールレールローダー誌の投稿欄にチョコチョコ顔をを出していたので、何かを!と期待をしていたのですが・・・

1980年前後のガゼットの表紙で印象深い物のいくつかは彼、Mic Greenbergによるジオラマです。(画像の左側)リアルタイムに手に入れたわけではないのですが、それでも数年後にはこれらを手にとっています。
その作風には様々な声を聞くこともありました、個人的には、未だにドップリと漬かっています(笑)

当時も、その技法を印刷物として世に出すことを試みています。ウエザリングをテーマにしているだけにカラー写真は付いているものの、白黒小冊子(画像右側)は気合いは伝わってくるが、隔靴掻痒の感は否めませんでした。その頃のTMS、珊瑚模型店の広告には1冊、数千円のプライスを見ることが出来ます。

中央の美しくレイアウトされたレターサイズのシートが今回の物です。内容はPeeling Paintにはじまって、小間物の作り方まで・・・切りの良さそうなところでオーダーしてみました。今後も刊行されていくようで手元にはVol.1が1〜8とVol.2
1,2が届いています。(トータル68ページ)
[PR]
by araraxi | 2005-12-31 01:48 | Printed matter
閑話休題
a0031522_0483496.jpg
祭のゴタゴタと興奮に一息、ガゼットの最新号を手にとりました。
いやーなんと言おうか、故郷へ帰ったような安心感(苦笑)がありマス、ガゼットには。
特に目を惹いたのは、オクラホマ鉛鉱山の小さなセクション、縦坑ヤグラとポケット、ズリ捨てがコンパクトに納まっています。コレも2フィート向きかななどと・・・

まーくん、みのるさん
ナンのことは無いバタバタで寝ぼけていました。

作業部長
ナベ、アップ楽しみです、ドコかで安く売ってないかな、ナベ・・・
タレコミ情報、希望です。
[PR]
by araraxi | 2005-10-18 00:57 | Printed matter
内燃本とフォードソン
内燃本の下巻を購入・・・
a0031522_1505648.jpg
ボクが多くを語らなくとも・・・名取さんのブログ
それと、一年前のお約束がこちらに・・・

[PR]
by araraxi | 2005-08-04 01:03 | Printed matter
秋田のドンキー
片岡さんから送っていただいた秋田のドンキーをアップします。
ただしコレ暫定版で不明な点も何点か・・・
ご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教示ください。

秋田のドンキー、片岡さんの取材ノートによると「秋田営林局には大正時代に3台位ドンキーが入っていて、場所は早口、七座、能代」であったというクダリです。

僕の持っている昭和28年発行の「秋田の伐木運材」によると仁鮒(能代)に導入された綱島式蒸気集材機がその最初であったとあります。また、24年の燃料消費を示す表には早口、能代の項に蒸気三胴とあります。

片岡さんのノートにある場所のうち七座は営林署名のようです。「秋田の伐木運材」に七座営林署という記述があるので。ところがこの本、路線とか営林署内の情報が全くない、歴史的な記録というより実施状況のような本です。

このナニヤラ良い感じの名称「七座」ってドコだったのでしょう?

いずれにしろ、戦後まで蒸気ドンキーが活躍していたということは、興味深いことです。
SHAY & Othersから
[PR]
by araraxi | 2005-06-13 01:05 | Printed matter
FINESCALE 別冊
a0031522_0185791.jpgファインスケールの別冊です。
ロギングモノがタップリ!です。特徴的なシェイで有名なミシガンカリフォルニアランバーカンパニーにかなりのページが割かれています。シェイがゴロゴロ、谷わたりのケーブル、製材所とその水中貯木場、大きく円弧を描いて池を回り込む路線などなど、単行本(PINO GRANDE)はあるのですが、未見の写真もあり改めて楽しめました。
この他、昨年のナローゲージコンベンションの作品など森林鉄道好きにはたはたまりません。

残念ながらこの号は、丸ごとダウンロードできません。さかつう、新額堂あたりで入手可能でしょうか(チョイと高いけど・・・)
[PR]
by araraxi | 2005-03-27 00:02 | Printed matter
直球勝負(苦笑)
a0031522_0453321.jpg

[PR]
by araraxi | 2005-03-14 00:45 | Printed matter
ねずみのてんぷら
a0031522_23115692.jpg「ねずみのてんぷら」under const.

乞ご期待!
この「なぞ」のお判りになる方、是非BBSへ。



アップしました。10/5
GALLERYから、近道は「ねずてん」
[PR]
by araraxi | 2004-10-02 23:14 | Printed matter
NG Annual 2005
a0031522_22424176.jpg
ファインスケールレイルローダー誌の特集号、ナローゲージ編、本日入手です。
特集号は年2回で、ロギングとリオグランデモノが交互です。
通常号はダウンロード(期間限定)可ですが、こちらは、ダウンロードできない。
この雑誌、かってはアウトドアレイルローダーという名前でラージスケール中心でした。
finescale

目次のページに写真のある「廃屋」がグッと来ます。
もちろんk-27も良いのですけど。
[PR]
by araraxi | 2004-09-14 22:42 | Printed matter