<   2005年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧
雨宮の5t
a0031522_3213830.jpg
少々旧作になるのですが、Oナローの機関車を1台引っ張り出しました。ウエッブ仲間の某氏にリクエストいただいていたのですが、撮影の機会を逸していたのと相変わらずの仕掛かり状態で・・・
実はこのカマ、On30のDCC化のテストとして、パイピング前の状態でデコーダーを搭載、コレがお蔵入りの原因です。

a0031522_3215371.jpgデコーダーはキャブ下に、配線をシリンダー間から煙室へ立ち上げています。
コレはモーターをキドマイティからコアレスに換装した際に、縦置きから横置き+ヘリカル追加を行ったためです。

製品のサイドタンクはカット、ねじ止めで着脱可能にしました。ウエイトの量が全然違います、サイドタンクが付くと・・・
[PR]
by araraxi | 2005-01-22 23:30 | Models
Betsyのこと
a0031522_1113093.jpg

Betsyと名付けられたこのギャードロコは、米カリフォルニアの森林鉄道で実在(笑)した異端中の異端です。
モデルは、HOn30 9㎜ナローでキットと完成品が杉山模型の手によって世に出されました。
サスガにこの形態、そのデカさとも相まって日本では受け入れられなくて最も売れなかった製品だそうです。
プロトタイプはこちらでご覧ください。
プロトタイプは3フィートゲージの機関車で、70tもある3トラックのシェイなどと同じレールを走るわけですからデカイのはデカイ、それを云々言う方が野暮かもしれません。
むしろ、このいい怪しい伝導機構を楽しみたいモノです。

モデルは、いい加減なキャブを作り直してオープンキャブに、キャブに横たわっていたキドモーターをコアレスに換装、ボイラー内に押し込んでキャブインテリアをコチョコチョと楽しみました。
とは言ってもこのデカさ、ボイラーを下げることでシェイプアップ、シェイやクライマックスと並んでもおかしくない雰囲気になりました。

あと手を加えるとすれば、中央の歯車のスポークを抜く辺りでしょうか・・・
[PR]
by araraxi | 2005-01-16 01:30 | Models
8100 その16
遅ればせながら、本年もよろしくお願いします。

詰め所もカタチになってきましたが、8100共に完成は年を越してしまいました。
新年早々のバタバタの隙間に、カルタゴで試走とお披露目をしました。
相変わらずの未塗装ですが・・・

動画はこちらです。
[PR]
by araraxi | 2005-01-05 00:20 | 8100のこと


その他のジャンル