<   2008年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧
或る1台のシェイ
a0031522_234465.jpg
2台並んだシェイは、いずれも13tクラス、右の1台は下で紹介したオープンキャブ(CN774)として製品化されたものそのもの。比べていただくとその変更点が見ていただけるかと思います。
左の1台は、完膚なきまでに手を入れた1台です。
改造点は、完成品を一度バラして全長を3mmほど短く詰め10tクラスに、コールバンカーは乗工社の小さなものに交換、キャブは自作。
その他、ヘッドライトをギルピンNo,5イメージの大型油灯に、細かなところでは、煙突の高さ、後部砂箱などにも手を入れた・・・トドメはサウンド、コ−ルバンカーにスピーカー、ボイラー水平部分にコンデンサーを詰め込んみ、ボイラー縦部には、モーターが納まり、内側には立錐の余地もない(苦笑)
コールバンカーはドコへ行ったかって?下で見ていただいた乗工社のシェイを、もう一度ご覧ください。
こんなカスタマイズが、シェイの楽しみの一つではないでしょうか。
[PR]
by araraxi | 2008-05-18 02:48 | SHAY
OPEN CAB SHAY
初期の比較的小型のシェイにみられるスタイルに、オープンタイプのキャブを持つものがある。
a0031522_0301285.jpg
杉山模型としてはBABY SHAYと名付けられた13tシェイに次ぐ2作目、城南モデルOEMのCN60、ATA,OEMの魚梁瀬を加えると4作目となる。
動力伝達は試作的なものでコールバンカーに寝かせた並木の10Cのコアレスからウォームを2段かませた少々複雑な物。モーター回転数とスピードのバランスが悪く、ブラシが薄いこともあり、モーターがお釈迦になったものも多いと聞く。
上のシェイは、モーターをボイラー内に換装する大工事を行った。
その後の同タイプ(ボイラー内モーター)に比べ、エンジン位置、ボイラー高さが異なるなど、簡単にボイラー内に入らず、かなり手を焼いた。当時一部に流通したジャンクパーツを利用した一品物のオリジナル仕様となっている。
このキャブ形状は杉山さんの創作が入っている、各部の特徴から強いて言えばCN3桁代、正確には特定機ではない。
[PR]
by araraxi | 2008-05-13 00:30 | SHAY
製材所とSHAY
LOGGINGの3種の神器は、ギヤァードロコとドンキーエンジン、ソーミル(製材所)です。
画像のミルは、少々バタクサイが、無国籍で通用するギリギリをねらったデザイン。
a0031522_333012.jpg

手前の貯木用の池は、堰による人工池の設定、ログホーラーと呼ばれる鎖に爪のついたような装置で引き上げられた丸太はログデッキに載せられます。

次に、キッカーと呼ばれる装置でキャリッジ(レール上を前後するスライサーのようなもの=右下)にのせられます。
キャリジには長いエアーシリンダーで動くタイプと、画像の滑車でコントロールするタイプがある。

機構的には滑車の方が断然かっこいいのである。

これらの動力(スティームエンジン)は、おが屑を燃やしたボイラーで作られるスティームが動力源となる。

オープンキャブのシェイとログカーのお話しにつづく・・・

*画像が落ちていました、ご指摘ありがとうございました。5/10更新
[PR]
by araraxi | 2008-05-10 03:07 | SHAY
林鉄/貯木
小さな製材所のセクションの一部、手前は水中貯木場。
a0031522_017264.jpg
水没して枯れた立木は、製作当時、上高地大正池まで足を運んで取材した労作。
手前にチラッと見えるのは、水中から丸太を引き上げるためのデッキ。
[PR]
by araraxi | 2008-05-07 00:22 | Models
Ch. & Yk.
a0031522_0464319.jpg

a0031522_0561749.jpg
ある意味、極北にある作品のコラボレーション。
吹きっさらしの庫とカマ。
作者はCh.とYk.
例によって、思い入れたっぷりのライティング。

色々と事情もあって双方ともに手を入れる余地があるところが、また楽しみでもある。
庫は、深南部あたりのイメージか、乾いた河原の仮設土工か・・・
カマは、フォーニーであるが、そのオーバーハングからB-1でも十分な寸法とプロポーション、どこかの国の森林鉄道で使用されたプランテーションロコと近似した規格である。
[PR]
by araraxi | 2008-05-06 00:50 | Models
垂涎のSHAY その1
乗工社、2両のTボイラー、ミシガンカリフォルニア2号機と16tタイプです。
乗工社のシェイとしては第二世代のもの。
動力周りの一部が挽物からプレスへ、ボイラーがbootタイプとなっている。
キットの発売は無く完成品のみのが販売された。
a0031522_03416100.jpg

■左は、フロントビームを初期製品のディテールのあるモノにしたほか、煙突、ドームの交換、屋根の作り直し、コールバンカーを大きめの杉山模型のシェイ用に交換した。
■右のミシカルは、オノデラ兄のもの、屋根にアングルの補強が追加され、家元直伝のドライブラシュでメリハリが効いている。
[PR]
by araraxi | 2008-05-03 03:37 | SHAY