<   2008年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧
13ton Shay
やはり人気の高い13ton Shay この場末のブログも驚異的なアクセス数でした。
と、気を良くしてといいましょうか、ご挨拶に続編を。
また「どこが出してたんだこんなもの」というリクエストにもお答えして。
a0031522_143149.jpg

Oナローの13tonシェイは、古くはカツミが1970年代に製造したものがあります。
画像のものは1980年代 オーバーランド販売、製造は韓国MSモデル。
フルキャブインテリアで、いわゆるグラントドライブと呼ばれるギャヘッド付コアレスモーターをコールバンカーに格納した製品です。走りは低速も効き、安定したものですが、組が今ひとつ、物によっては半田が外れやすい・・・歪んで付いているパーツなど組み直しが必須でしょうか。

とは言え、このプロポーション、たまりません。
市場にもなかなか顔を出さないレアものです。
製品は、On3とOn2で販売され、画像の2両はOn30への改軌を目論んだOn2。

杉山さんのHOナローも小ささの魅力がありますが、このOnのシェイ、HOnとは異なる質感と存在感が、独特のオーラを放っています。

煙突は同時期に製造されたミシカル5号機のバックデートキット(オイル炊きの製品を薪炊きに改造する煙突とウッドバンカー、工具箱などの入ったキット)を使用したものです。
[PR]
by araraxi | 2008-06-03 01:07 | SHAY
SHAYは男のロマン?
シェイは男のロマンとは司食弟鳥氏の弁。
画像のタイプの13t SHAY、語り始めたら尽きない点は、まさにロマンチシズムにつながるものがあるからかもしれません。
a0031522_1493716.jpg

Oスケールで幅3.8cm長さ15cm足らずのこの機関車、日本の風土でも十分通用する大きさと独特のプロポーションを持っています。
キャブとボイラーのバランスもさることながら、キュッと引き締まった足回りがポイントです。
例によって煙突などをカスタマイズ、1台は「魚梁瀬」に仕上げようかと考えています。
製品については後日・・・
[PR]
by araraxi | 2008-06-02 01:35 | SHAY


その他のジャンル