ハイスラーのこと
a0031522_257233.jpg
ハイスラーの中でも小型で好ましいプロポーションの14tタイプ。
ボイラーはTボイラー、煙突とサンドドームのバランスが絶妙です。
左は完成品、右はランボードをプロトタイプによって作り分けたバージョン違い。
ヘッドライトのリムを薄くした他、キャブ窓などを開放状態としてバリエーションを楽しんでいます。
[PR]
# by araraxi | 2008-04-26 02:57 | SHAY
垂涎のダックス
ちまたには凄腕ポン引きが出没しているらしい・・・
こちらでも、とりあえず釣られてみることにした(w
a0031522_229424.jpg

当時の紙モノ、いろいろと力が入っている。
a0031522_2255330.jpg

上のタイトルに心当たりのある方は・・・
[PR]
# by araraxi | 2008-03-08 22:12 | Models
Heisler 2
a0031522_142128.jpg

a0031522_1484439.jpgシェイ、クライマックスと並ぶギャードロコにハイスラーがあげられます。

モデルは80年代にマイクロキャスト水野で作られたWEST SIDEの2号機(On3)です。キッチリ組上げられたその姿に、良質な技術を感じることができます。
この密度とスケール感がOn3の魅力でしょうか。

2007年も暮れ、100数年余前の機関車を手に、技術や歴史のことなどに思いを馳せています。


暫くはブログのみで続けさせていただきますが、ご訪問いただいている皆さん、来年もよろしくお願いします。
[PR]
# by araraxi | 2007-12-30 02:09 | Models
祭りのあとの
a0031522_0431834.jpg
コッペルなんとか完成です。
ベースはSea Lion工房のトラムタイプのガレージキットです。
精緻なエッチング板とレジンの上回り、ちょいと手を加えて、ディテールアップとボイラーを中抜きして鉛棒で補重、煙突に0.8の穴あけ(冷や汗ものでした)真鍮線を通して垂直を矯正。
いやぁ〜久々の工作、痺れました。
キュッと引き締まった足回りと華奢な上回りのバランスが好みです。
しかし小さいです、15ps。

On2とミクロの2フーターのお話は後日。
[PR]
# by araraxi | 2007-09-19 00:46 | KOPPEL
小さなコッペルと軽便祭2
a0031522_186670.jpg
なんとか未塗装直前までこぎつけました。
この小さなコッペル、B型15PSがプロトタイプなのですが、同ディメンションのC型20PSをメルクリンの足回りで・・・
お手軽2フーターズの楽しみです。
[PR]
# by araraxi | 2007-09-15 12:30 | KOPPEL
小さなコッペルと軽便祭
さて間に合いますかどうか・・・
a0031522_014843.jpg

[PR]
# by araraxi | 2007-09-14 00:15 | KOPPEL
井笠のコッペル
a0031522_0441765.jpg■井笠のコッペル1〜3号機

B型のホイルベースとサイドタンク、そのプロポーションからか、模型では少々鈍重なイメージを持っていました。
これには乗工社の9mmナローのスリコミがあったことは否定できません。
乗工社、多くのモノが絶妙なディフォルメですが、個人的には、少々長めの煙室周りがもう一つです。
この違和感は頚城の2号機にも同様に感じていたのですが・・・

井笠のコッペル、実物をじっくり観察してみると大きめのスティームドームとサイドタンク、煙突が良くバランスしています。

a0031522_0394429.jpg
■On2_1/2のコッペルです。
ドームのプロポーションなど、かなり手が入っています。
何にも増して、嬉しいのはその足回りの引き締まった雰囲気、バルブギャー周りの寸法がつまっていて、全幅のスリムな印象が良く出ています。
[PR]
# by araraxi | 2007-01-24 23:22 | KOPPEL
RIDE THE SANDY RIVER
a0031522_2244761.jpgRIDE THE SANDY RIVERは、1973年に出版されたサンディリバーの名著です。フォーニィや1-Cテンダーなどがゾロゾロと・・・
目線が緩くなりストライクゾーンが広くなった今見るとドイツもコイツも素晴らしい!

外側台枠でガバッと広がった上回りに、乙の引き締まった足回り、なかなかのプロポーションです。

載っかっているのは、カスタムブラスKMTのカブース556です。


a0031522_22523146.jpg

コッペルマレーとの相性を考えて改軌したカブースは、フォーニィとバランスも絶妙です。
このアンデコフォーニィ、同封された分解図を見ると「空制無」と「外台枠」の組合せは、設定されて無いようです。
組立ミスのレアモノか、分解図のミスかどちらかでしょう。・・・何れにしろ腰が低くてモダンな姿が、たまりません。
そろそろ出回ってくる頃、この謎は時間が解決してくれるのでしょうね。
[PR]
# by araraxi | 2006-11-29 23:09 | On3 On2
まったりとフォーニィ
まったり路線をのんびりやっています。
a0031522_232763.jpg
取り合えずと注文したフォーニイが届きました。
アウトサイドフレーム、アンデコです。

特徴は
ボイラー周りはコンプレッサー、エアータンク無しでランボード1段のすっきりタイプ、発電器の排気は垂直。
コールバンカーは、上部エッジの開いた少し古いスタイルで従台車がイコライザー無しのアーチバー風です。
以上は11番のインサイドと同じ仕様です。(下の画像と比べてみてください)

キャブは鋼製で大きめの窓とリベット付、ドアとコールバンカーの間に窓がが無いモダンな雰囲気です。
以上、キャブとアウトサイドフレームは12番の仕様

個人的にはイイトコ取りのベストの組合せで、大変気に入ってます。
まるで好みを読まれたかのよう・・・反面、手を入れる楽しみが減りましたが。

ヘッドライトはサンデーリバータイプ、オーソドックスな側面表示付、角形と3種類入っていて、デフォルトは角形でした。
この他、内側支持の先台車(スポーク車輪付)などがオプションで入っています。
DCCはサウンドも入り至れり尽くせり、TUNAMIが入っているようでエコーの効いた良い音で鳴きます。

コイツに引かせるカブース(カスタムブラス熊田の556)は既にOn30に改軌済。
ナントカ塗装に持ち込めればとモンモンとしています。

参考に。
バックマンのギャラリーから拝借してきたサンプル画像です。
a0031522_2324527.jpg

[PR]
# by araraxi | 2006-11-28 23:03 | On3 On2
KATO 6t
レストア終了のKATO6tのコンテンツをアップしました。
こちらです。
a0031522_030668.jpg

あわせて、こちらもご覧ください。
[PR]
# by araraxi | 2006-08-13 00:31 | 実物のこと
「高熱隧道」
吉村昭さんが亡くなられた。たしか最初の出会いは「漂流」だったと思う。足で稼いだページからは、リアリティと何とも言えない柔らかさを感じていた。
「高熱隧道」は黒部ダムの建設に関わるもの、印象深い一冊。
[PR]
# by araraxi | 2006-08-02 08:08
フォーニィ
フォーニィは、0-4-4という特殊な軸配置から独特のプロポーションを持つ機関車です。
詳しくはとうまさんのコンテンツをご覧戴くとして、ウチのフォーニィの話を少々。

このフォーニィ、その日本人好みのバランスの良さと作者に惹かれて、某所から大枚はたいて購入、と言っても12mmの機関車キットよりは安価、フルスクラッチです。
作者は、アメリカンナローに片足を突っ込んでいる方なら耳にしたことのある御大です。
a0031522_162646.jpg
ボールドウィンの機関車、シェイの機能美には無い色気と言おうか、何とも言えない美しさがあり浮気中です(笑)
a0031522_18930.jpg
足回りはフレームが厚板から切り出され、軸箱ごとに押さえが六角ビスで。
ブレーキのリンケージもキッチリ。ロッド周りも正確で、クロスヘッドはちゃんと凹型でメインロッドが挟み込まれている。

そうそう、けむりプロのスクラッチ、木曽のボールドウィンもダックスストーリーでフォーニィ に改造されてましたっけ・・・
[PR]
# by araraxi | 2006-05-14 01:10 | On3 On2
土工酒井の近況
a0031522_2143122.jpg
すっかりご無沙汰です。
クダンの土工酒井の近況をN氏から・・・
すっかり綺麗になって、屋根下、シャッター付で保管されているそうです。
コンクリと一緒に埋められていたナベも掘り起こされてレストア済み、平台車やなんかも一緒です。
微妙な線路配置で編成に見えるとか見えないとか・・・
ラジエターキャップ上の銘板が泣かせますねぇ。

ホームページの再開はもうチョイ。
[PR]
# by araraxi | 2006-03-31 21:10 | 実物のこと
ブックマークを・・・
a0031522_19515017.jpg
しばらく、お時間をいただきます。
状況はブログにて・・・
コメントいただいている皆さんゴメンナサイ、レスは改めてさせていただきます。

カウンター、7万行くのでしょうか、チョッと複雑なので退却ぅ〜。

長者丸さんのトップに貼ってあったアレです。
やわらか戦線異常なし
クセになりそう(笑)流行りそうデスね。
[PR]
# by araraxi | 2006-02-28 19:58
PORTER/12
a0031522_23314724.jpg
ナンとか仮組まで到達しました。
煙突はイーカゲンなロストをゴリゴリしたんですが気に入りません・・・キットのオリジナルの方がいい。
お次は、貧弱なフロントビームを木で作り直そうかと考えています。

オープンキャブ、こうして見るとキャブ内ドームの特徴が良く出ます。
結構、お気に入りです。

ベルとアークタイプのヘッドライトは準備してあるのですが、無いのも良いかなぁなどと思ってもいます。
その昔、羅須の8号機の企画スケッチ、ドーム一個でライト無し、あんなに違和感があったのに、今じゃソレが良い・・・大人の味かな(苦笑)
[PR]
# by araraxi | 2006-02-25 23:47 | PORTER
BBSのこと
BBS、無料板だったため、一定期間書き込みがなかったために落ちちゃいました。
うっかりしたなぁ。

何にも増して残念なのは、皆さんに書き込んでいただいた画像や記事のログが失われてしまったことです。
どなたも保存なんかされてませんよねぇ・・・

加えて、デザインを統一するためにカナリ苦労して設定をしたことデス。
[PR]
# by araraxi | 2006-02-23 21:58
PORTER/11
a0031522_22292973.jpgスティーヴン式のバルブギャー、水平の弁心棒とテコ、ブラケットを作りました。
この水平ラインとシリンダーの傾きが対比的です。
[PR]
# by araraxi | 2006-02-22 22:32 | PORTER
PORTER/10
a0031522_3251029.jpg
オープンキャブです。
大きさは下の8tサイドタンクとほぼ同じ大きさです。規格化の一端を感じます。

オリジナルの屋根は前後が短いのですが、延長屋根(当摩さんのキット)のプロポーションの良さは捨てがたく、キャブサイドとともにキットから移植しました。
キャブサイド下部の欠き取りは4mmほど大きくしてあります。この辺りはゆうえんさんのブログを参考にさせていただきました。

なんとTバーのロストパーツもピッタリでした。寸法が正しいと、アメリカパーツと日本のキットがピッタリ合う!

急遽、大きな引越です。
チョッとバタバタしますがよろしくお願いします。 退却〜ぅ(笑)
[PR]
# by araraxi | 2006-02-22 01:46 | PORTER
PORTER/番外編
a0031522_001916.jpg
グラントラインのOスケールのポーターは、サドルタンクがメジャーですがサイドタンクもあります。
同時期に発売されたオアカーに合わせるために、On2に改軌しました。もともと2フィートのコンバージョンは想定されてないため、板バネを削ったりキャブ下を欠き取ったりとヘビィーな改造になってしまいました。

コイツを横目に見ながら、とうまさんのキットをいじっています。
[PR]
# by araraxi | 2006-02-15 23:56 | PORTER
PORTER/09
a0031522_23363958.jpg
ボイラー周りをゴソゴソしています。
サンドドームを後退させ、第2動輪の真上に来るように調整しました。
ハンドレールのサポートはPSCのロスト製のものをドリルレースですっきり、インジェクターパイプを太めに、サンドパイプを細めにしています。

ここで問題が、ウチにも四次元ポケットがあるようで煙突が見つかりません。
こんなデカイモノ、どうやったら失くせるんだぁぁ・・・
[PR]
# by araraxi | 2006-02-13 23:45 | PORTER
PORTER/08
a0031522_1261226.jpg
キャブに手を付けました。
適当なロストパーツにグラントラインのプラパーツを加え、雰囲気優先です。
キャブインテリアを先行したのは、インジェクターからの配管がボイラーに干渉するためです。
手前のグリース缶は、ワケアリです(笑)
[PR]
# by araraxi | 2006-02-12 01:30 | PORTER
PORTER/07
a0031522_22491187.jpg
キャブをいじる前にインテリアを、と手を付けたのがインジェクターです。
ポーターのインジェクターはレバーの付いたアレではなく、いたってシンプルなもの。
エルボーなど、凝ればキリがありません、適当なパイプ芸でお茶を濁しました。
チラッと見えるだけですしネ。
[PR]
# by araraxi | 2006-01-29 22:54 | PORTER
PORTER/06
a0031522_23443488.jpg
煙室扉は、PSCのパーツです。陽刻されたH.K.PORTER & Co. PITTSBURGH PA.を読みとることが出来ます。
ピッツバーグ=ポーター、フィラデルフィア=ボールドウィンは、銘板とともに刷り込まれています。
お馴染みボールドウィンは、ナンバープレートの周囲にぐるりと刻まれています。
この他、シェイも煙室扉に陽刻されたものがありました、これもPSCからロストで出ています。(仕舞い込んだら出てこない・・・)

アッチコッチ開いたり閉まったりするのは好みではないのですが、行きがかり上(笑)こういうことに。
[PR]
# by araraxi | 2006-01-28 00:02 | PORTER
Gn15
a0031522_23203082.jpg
Gn15、チョッといいかも・・・


Gn15はここで
MOPED COLLECTIONはこちらデス。
[PR]
# by araraxi | 2006-01-24 23:22
PORTER/05
a0031522_20511831.jpg
チョイと脱線
アッチコッチに出没しているスバル360も良いのですが、手にとったのはスーパーカブ、良くできています。兄さんの表情がまたイイ、スケールが1/24というのが残念ですが・・・
Gn15(1/24 15インチゲージ)に見立てたナベとはなかなか良いマッチングです。
a0031522_2051130.jpg
煙室前面は、なかなか良いメタルパーツだったのですが、径を小さくした関係で嵌らなくなったためスクラッチ、リベットは打ち出し。大パイプ芸(12.8パイと12パイ)でディテールを・・・煙室扉はロストのイイヤツがある。
オノデラ兄と同じ絵柄ににんまりデス。
[PR]
# by araraxi | 2006-01-22 21:01 | PORTER
PORTER/04
a0031522_2226440.jpg
チョイと留守していました、また寒くなってきましたねぇ。

ポーター上周りは、原型のキャノピーキャブ(オープンタイプ)でまとめようかと考えています。
というのもPSCのパーツの中に、キャノピーキャブのロストパーツがあり(下段中央)この寸法が、キットのキャブ寸法とピッタリだったためです。
側板(左)はキットのパーツを使用予定、一部にはロストのTバーパーツ(左上)を・・・

ボイラー(上段)は、煙室を一回り小さくして段差を大きく、サドルの一部にリベットを植え込みました、この辺りは、ゆうえんさんの刺激大です。
サンドドームの位置を後方に下げる都合上、ボイラーバンドを削り落としました。
キャブとの関係で後の一本も削らなきゃいけなそう・・・
[PR]
# by araraxi | 2006-01-19 22:38 | PORTER
北恵那再び
サーバー移転の際に、落とした北恵那のコンテンツを、再アップしました。
ローカルを冠する信沢さんにリンクを張っていただき、ローカルがナンにもないじゃんということで・・・
左のGalleryから、ご覧下さい。

Onポーターも少し手を入れました、コチラは後日。
[PR]
# by araraxi | 2006-01-16 00:07 | 実物のこと
PORTER/03
a0031522_0275732.jpg
ポーターの足回りです。
小型のポーターの斜めになったシリンダーはナンとしても表現したいものです。
シリンダーの前後蓋はカットしてそのまま使用(ただし径はドリルレースでスリムに)、本体を真鍮パイプ、スライドバーは洋白の1mm角、クロスヘッドをエコーパーツに取り替えました。
メインロッドは作り直し、第3動輪から第2動輪へ、これで足回りが落ち着きました。
クサビボルトの入ったビッグエンドがキモです。
これは、ビッグエンドのみの洋白ロストパーツを使っています、アメリカにはツボを押さえたパーツがあります。

a0031522_1564790.jpg足回りのネタはコレです。

上回りもチョイと楽しみたいと思っていますが・・・
とうまさんのキット、ドコーもそうですがヤルキココロをくすぐってくれます、いいキットです(オススメ)
[PR]
# by araraxi | 2006-01-14 00:37 | PORTER
ロングノーズの5.5t
a0031522_218375.jpg
ナゾの加藤の5.5tアップしました。
イロイロとナゾの多い機関車です、どんなことでも結構です。是非ご意見を伺わせてください。
レストア中のyamakinさんも、その素性については首をひねっておられました。

それにしても、この時代になっても出てくるものなんデスねぇ・・・

ロングノーズの5.5t
[PR]
# by araraxi | 2006-01-09 21:14 | 実物のこと
PORTER/02
a0031522_21541131.jpg
KATOのお話はチョイと脇に置いておいて・・・
とうまさんのポーター、例によって深みにはまりつつあります。
ポーターなんだから、シリンダーは傾いていたいしロッドは第2動輪にと・・・
とりあえず、バックマンの足回りバラバラにして切り刻んでいます(笑)
どーなりますか・・・
[PR]
# by araraxi | 2006-01-08 21:59 | PORTER


その他のジャンル