PORTER/02
a0031522_21541131.jpg
KATOのお話はチョイと脇に置いておいて・・・
とうまさんのポーター、例によって深みにはまりつつあります。
ポーターなんだから、シリンダーは傾いていたいしロッドは第2動輪にと・・・
とりあえず、バックマンの足回りバラバラにして切り刻んでいます(笑)
どーなりますか・・・
[PR]
# by araraxi | 2006-01-08 21:59 | PORTER
はじめての葛生
乙だ、ナンだとか言いながら2フィートの聖地、葛生へは足を踏み入れたことがありませんでした。
信沢さん、yamakinさんのお計らいで葛生を堪能してきました。
a0031522_22154059.jpg
土工酒井の時に、昭和の物語はもう最後かと浮き足立ちましたが、まだあるのですねぇ・・・
近々、紹介させていただきます。
[PR]
# by araraxi | 2006-01-04 22:18 | 実物のこと
年のはじめに
a0031522_23312360.jpg
みなさん、本年もよろしくお願いいたします。
今年もまた、いろいろなモノや、人との出会いがたのしみですねぇ・・・
a0031522_2335199.jpg
とうまさんのポーター、まずはテンダーをカタチに・・・ピシッと決まったいい雰囲気です。8100みたいな3軸もいいなぁなどと。 
[PR]
# by araraxi | 2006-01-03 23:36 | PORTER
年のおわりに・・・
a0031522_235334.jpg
年の終わりにドサッと届いたのは、アメリカからの荷物でした。
ファインスケールレールローダー誌の投稿欄にチョコチョコ顔をを出していたので、何かを!と期待をしていたのですが・・・

1980年前後のガゼットの表紙で印象深い物のいくつかは彼、Mic Greenbergによるジオラマです。(画像の左側)リアルタイムに手に入れたわけではないのですが、それでも数年後にはこれらを手にとっています。
その作風には様々な声を聞くこともありました、個人的には、未だにドップリと漬かっています(笑)

当時も、その技法を印刷物として世に出すことを試みています。ウエザリングをテーマにしているだけにカラー写真は付いているものの、白黒小冊子(画像右側)は気合いは伝わってくるが、隔靴掻痒の感は否めませんでした。その頃のTMS、珊瑚模型店の広告には1冊、数千円のプライスを見ることが出来ます。

中央の美しくレイアウトされたレターサイズのシートが今回の物です。内容はPeeling Paintにはじまって、小間物の作り方まで・・・切りの良さそうなところでオーダーしてみました。今後も刊行されていくようで手元にはVol.1が1〜8とVol.2
1,2が届いています。(トータル68ページ)
[PR]
# by araraxi | 2005-12-31 01:48 | Printed matter
PORTER/01
a0031522_035431.jpg
とうまさんのガレージキット、On30のポーターです。ボイラーやテンダー、キャブの屋根などがプレス成形され、もうガレージキットとは呼べません。ここのところのバタバタもありますが、旬のキット!腐る前に手を付けましょうか・・・
[PR]
# by araraxi | 2005-12-26 00:38 | PORTER
たまでん2とアルモーター
a0031522_0512992.jpg
クダンの玉電、目が慣れてくると撮影スポットが・・・視線を下げてみると、車で向こうの見えない246をかき分けるようにして進むペコちゃん、おぉ見たかった風景が。
昨日のは、U太さん、上のは長者丸さん作のモジュール、霞む歩道橋も効いています。

a0031522_0514692.jpg
旧聞ですが焼きついたアルモーター、バラしてみました。コイツもナカナカの業物!ブラシ部分を良く見ると、摩擦抵抗が小さくなるように先が割ってある。このアイディアは集電ブラシに戴けますね。個人で色々やるのは良さそうですが、これって、特許とか絡んでそうですねぇ。加えて小さな磁石が・・・うぅ〜ん。
林君、お約束の画像です。
[PR]
# by araraxi | 2005-12-13 01:01 | Event/Festival
たまでん
a0031522_2323915.jpg馴染みの薄いパンタ物ですが、行ってきました三軒茶屋。

DCCの続行運転も素晴らしいのですが、頃合いの良い大きさの車両も魅力的。
ところが、9mmや乙に慣れたカメラは戸惑い気味でした・・・そんな中で見つけた1カット。
荒川線の学習院下にも通ずるものがあるねぇ。

モジュールと車両の関係も、この大きさになると車両のしめる割合が高くなることに気がつきました。


乙化の進む某家元工場では、着々と改軌が進行中・・・
「玉」はじめ皆さん、凄いパワーです。
a0031522_23394858.jpg

[PR]
# by araraxi | 2005-12-11 23:39 | Event/Festival
はじめての日吉
皆さんからお誘いを受けて、NGJの末席を濁させていただいてほぼ1年。日吉にお邪魔してきました。
過半の方はお馴染みで、行き着くところに行き着いたといったところでしょうか。
そこで拝見した物の一部を・・・
a0031522_194375.jpg
左は、家元作足尾のフォードClosed side、右はまーくんの新作ブルックヴィル、快調に走っていました。何れも乙(6.5mmゲージ)です。


a0031522_1123471.jpgTさん作の亀の子です、先日の軽便祭購入のホッカホカのキット組。

ドライブラシが効いてます。走りもスムーズ、かつてのキャラメル時代がウソのようです。

a0031522_11537100.jpgとうまさんのフルスクラッチ、サドル無しのバグナル。

糸鋸を使わないで切り出されたエッジの立った作品です。

家元のパイクの上です。

ボクはというと、蔵出しのコッペルマレーOn30を持参したのですが、写真撮るのを忘れて・・・帰ってきて気に入らない部分がアリ、バラしちゃいました(苦笑)
という訳でトリは家元のコッペル、バルブギャーが大変だったとか・・・いつもの切れ味、カチッと上がってます。

a0031522_1262970.jpg

[PR]
# by araraxi | 2005-11-29 01:18 | Event/Festival
ashioと夕日
a0031522_20572244.jpg
ボチボチやっていた足尾の客車、カッコになってきました。
妻面はリベットが揃うところでジョイント、もうアッチコッチ歪ませながら薄板と格闘しました。
ここまでペラペラだと、それはそれで十分な見え方をします。
行きがかり上、裏打ちの板も止めちゃいました、妻板はシングルで0.2mm位でしょうか・・・バラした駄賃に扉も開です。
あとは、ブレーキ関係などをゴチャゴチャと、

先日、蒲田で須永さんにお会いした際、お願いして、客車の図面を送っていただきました、ありがとうございました。

閑話休題

「三丁目の夕日」見てきました、コンナものにノックアウトされるとは思っていなかっただけに、ヨロコビもひとしおでした。
涙腺も弱くなっているのでしょうが、話じゃなくて風景や佇まいでポロポロしてしまいました。
見たかったものが、そこにアルって感じでしょうか・・・有楽町で見たのも良かったかもしれません、○天は木造2階建てじゃなかったけど。
チョイ上の知人の家が、飯田橋の町工場だったこと、聞いていた少年時代の話と完全にダブってました。
まぁ、などなど・・・

「玉」のみなさん!コレは燃料になります、追い込みだと思いますが是非一見を・・・弾みがつくこと受け合いです。
そうそう、エンドロールに「エコーモデル」の名前が・・・
[PR]
# by araraxi | 2005-11-23 21:18 | Models
モーターのこと
a0031522_2343185.jpgクダンの土工、快調だったのですがナンダカ、キーキー言い始めて、調べてみるとモーター軸が焼きついていました。両軸モーターの軸をカットした際にどうも軸受けが焼けたようです。
これで、アルモーター2個潰しました、林君に貢献してる(苦笑)糸鋸じゃ歯が立たないし、ドレメルだと焼けちゃうし、どなたか良い方法をご教示ください。

ここのところ、某クリクラの刺激は受けているのですが、手も足も出ません(笑)

おまけに、眠れない方と同様、ストレージに使っていた外付けハードがアクセス中にフリーズ、ランプが付きっぱなしでウンともスンとも・・・データーは無事だと思うのですが・・・当方、マックです、こちらもどなたかHelpです。
[PR]
# by araraxi | 2005-11-16 23:55 | 河原の・・・
asio #2
a0031522_22254855.jpg
足尾の客車、少しカッコつきました。
屋根は、軒樋の脇でカットして長さを詰めた上で再度、半田付け。これが言うは易く・・・もう2度としたくありません。でも、かなりスリムになってイメージは近くなってきました。
妻は、これから詰めますが、3〜4mm位は何とかしたいと考えています。
そうそう、扉も全開です(笑)
[PR]
# by araraxi | 2005-11-07 22:31 | HOn2
Nigel Lawton のナベは
a0031522_23355416.jpg
過日、某所で9mm未満を好む輩のミーティングが行われました。アチラの粗忽兄はカメラを、同様にボクはカメラの電池を忘れて口惜しい思いを・・・というワケで、詳細は「HOn20とかいうアドレスのサイト」をご覧ください。

そこで、オノデラ兄から「お代はいらないから、必ず作ること」と言われて、怪しい袋を戴きました。中身はドコがナンダカ良く判らないメタルパーツとスルメみたいなレジンパーツ、お楽しみはタップリでした。

コレが組んでみるとナカナカ良いのです、アメリカのキットもそーなんですが、パーツはヨレヨレヘロヘロ、ところが雰囲気があるんですよね、味わいというか・・・
例によって、「乙」ゲージに改軌、低温ハンダでガッチリ組みました。3回くらい落下しました、がひん曲がるだけでバラけません。

網目板は先日の蒲田で、アルモデルの林さんから「邪魔なんだよねぇ、100円でイイから持っていって」と言われて「う〜邪魔(笑)」と思いながら、持ち帰った鮮魚台ジャンク5枚の中から発掘、アリガトー林さん!
あとは、適当に低温ハンダ盛っては削りました。
J社に比べると4mmスケール(1/76)チョイと大きいのですが、ブレーキ付でアクセントになってます。

Nigel Lawton
[PR]
# by araraxi | 2005-11-05 00:00 | Models
酒井凸
a0031522_017191.jpgコンテンツ作成中でした「酒井凸」をアップしました。
"Gallery"からご覧ください。木曾モノです。
[PR]
# by araraxi | 2005-11-03 00:18 | 実物のこと
asio #1
a0031522_23103568.jpg
皆さんから刺激も戴き、目の保養も十分。
というわけで、足尾、客車から手を付けました。
会場で須永さんにお会いして、客車の巾が1500mmと伺ったのが運の尽き(苦笑)
ワールドモノで、やってはならないバラバラ・・・

miyabiさん、季節の変わり目、お互い気をつけましょう。

みのるさん、「玉」が迫ってるようですね、さあ今度は何が待っている!?
[PR]
# by araraxi | 2005-10-30 23:19 | Models
くりくら/カマタ
ここのところ、熱くなっているクリクラの面々と蒲田で・・・
まずは、会場の様子を少々
a0031522_23265297.jpg

松川さんの近作、お立ち台、この手もツボの方は多いはずですねぇ(笑)セキも作り込まれていました。この他にも停車場のセクションが印象的でした。


a0031522_23172673.jpg
西の果ての営林署長の近作は全開ロッケンローKATOの2.5t、ドコに入ってるんでしょうかモーターは・・・屋根がスライドで外れるのもイヤラシイ!


a0031522_23211298.jpg
クダンのまーくんのインスペクションカーもモーターはドコ?台枠が左右で絶縁されていてモーターの配線が台枠にハンダ付け、ミニマムです。
後は家元のナベ、早速6.5mmに・・・スッキリとした工作とイイ感じのメリハリ塗装です。


a0031522_23405487.jpg良くできていました、86! シェフは龍が森のスリコミもあって早速カタチになりそうな勢いでした。
おっとその前に「玉」があるとか・・・



a0031522_23321830.jpg散々迷って見送ったのがコレ「ランケンハイマー」広田さんの写真で惚れ込んでいた北のゲテモノです。
16番とはいえ1/87のコッペルと並んでも十分小さい・・・12mm化が、おいでおいでをしていたのですが、他にしたいことも沢山あるしとジッと我慢の子であった。
[PR]
# by araraxi | 2005-10-29 23:42 | Event/Festival
UPDATE
a0031522_23104046.jpgサーバー移転前のコンテンツを整理しています。ダックスとかJ社パワトラなど、リクエストを戴いたものもあり、一部をアップしています。
画像を差し替えたものもアリ升。
[PR]
# by araraxi | 2005-10-27 23:15
ナベのことなど
a0031522_20363881.jpg
TMSに家元のお手前が掲載されました。早速チョコベビィを探しにコンビニをウロウロ、ウロウロ・・・ありましたありました。コレが鋼車やナベに見えてくるんだから・・・いやいやおそれいりました。
他にも、気動車の制作記など「アレがコーだったのね〜」という感じで楽しませていただきました。
左のレールは、独逸製の乙ゲージ用レール、カチッとハマルのは良いのですが高かったです舶来モノ。載っているのはオノデラ兄からイタダイタ4.5mm。
これをあーして、こーしてと妄想がムラムラと・・・作業部長の刺激もタイミング良くアップされ・・・さて、長者丸さん、ナベだけじゃ無いはずですよねぇカマはどーなってるの?楽しみです。


a0031522_0372954.jpg模型祭コンテスト、左の編成で1位をいただきました、改めてありがとうございます。というワケで大画像と旧コンテンツの一部をOn&HOnにアップしました。

家元
RMあの頃は濃かったねぇ、もうチョイ前、乗工社KATOが出た際の名取さんのお立ち台記事、マクラの「学生と親方の会話」秀逸です。

西ヴォン
ありがとう、先日のサロンに持参していただいたのでしょうか、お手数かけてごめんなさい。

まーくん
枕木一本いただきました(笑)

みのるさん
今度また3連見せてくださいねぇ、「ほったらかし」も捨てたモンじゃないですね。
[PR]
# by araraxi | 2005-10-20 00:38
閑話休題
a0031522_0483496.jpg
祭のゴタゴタと興奮に一息、ガゼットの最新号を手にとりました。
いやーなんと言おうか、故郷へ帰ったような安心感(苦笑)がありマス、ガゼットには。
特に目を惹いたのは、オクラホマ鉛鉱山の小さなセクション、縦坑ヤグラとポケット、ズリ捨てがコンパクトに納まっています。コレも2フィート向きかななどと・・・

まーくん、みのるさん
ナンのことは無いバタバタで寝ぼけていました。

作業部長
ナベ、アップ楽しみです、ドコかで安く売ってないかな、ナベ・・・
タレコミ情報、希望です。
[PR]
# by araraxi | 2005-10-18 00:57 | Printed matter
軽便鉄道模型祭 その5
a0031522_024225.jpg
長者丸さんの6.5mmのグルグルパイク(手前)の刷り込みがHOn2への道を歩ませたと言っても過言ではありません。
もちろん、それ以前に名取さんの生駒などありますが・・・クリッターズクラブの足下に修羅さんの「ハコ」をお借りして、展示台を作っていただきました。
長者丸さんのパイクと並ぶと妙に繋がって見えるのですコレが、いやぁ〜土工の魂を揺さぶられますねぇ、行田の酒藤あたりを6.5mmにしましょうか・・・imonの祭限定キャブが使えそうデス。
その前に、作業部長!ナベの詰め方、教えて〜!

まーくん、長者丸さん、
そーだったのですね、鳴尾は橋本さんの作だったのですね、納得です。

オノデラさん、
北村さんとの2ショット!ボケてないヤツ送りましょうか、ナカナカ絵になってますよ。ピン違いで失礼。ご所望のピンは後日・・・

修羅さん、
晩春の改題、良かったです「季節は春夏秋冬だけじゃない!」新たな表現への挑戦ですね。画像、手ぶれで・・・残念、残念ついでに北村さんも残念でした。次回は是非。修羅さんのレイアウトには圧倒されたけど、宮野さんの車両には、その大きさにハマリそうデス。Snあたりで何かするのもいいねぇ。

a0031522_0243733.jpg
「乗工社モノは何があったの?」という問い合わせをいただきました、トリミングしてみました。見えるでしょうか、亀の子完成品がIMONブランドで、この他にクレーンカーなども、上のゴチャゴチャには、プラフレームや動輪、偏芯台車などのパーツがありました。
来年もお願いIMONさんって感じでしょうか・・・
[PR]
# by araraxi | 2005-10-17 00:49 | Event/Festival
軽便鉄道模型祭 その3 スゲぇオッチャンたち
軽便祭、多くの方にお会いすることが出来ました。一方、残念ながらスレ違ってしまった方も多く、そんなことからも是非来年もと・・・
そんな中で、スゲぇオッチャンの作品を拝見することが出来ました。
a0031522_2348660.jpg
クリッターズクラブのブースにどっかりと腰を下ろして次々と驚くべきブツを見せてくださったのが、関西から来られたAさん。On2の成田の一つ目KATOです、なんと珊瑚の酒井5tを切り刻んだそうです。他にも乗工社のプラフレームが5軸になっていたり、単端が出てきたりとナガウラさんもビックリでした。

a0031522_23482965.jpg
NGJのブースには宮野さんのフォーニーと客車が、実見は初でその頃合いの良い大きさに更にゲージが増えそうで・・・流山の足回りの流用とは見えませんねぇ。

a0031522_23484373.jpg
活白のイラストが印象に強く残っている橋本さんが、作られたOスケールの佳品、アメリカ型ナローの刷り込みがある某氏とともに「垂涎の・・・」とは、このことだねぇとしばらくの間、無言のまま見入ってしまいました。(つづく)

まーくん、乗工社時代に見てるのですか!鳴尾って誰が作られたのでしょうか、もしやsue殿?
[PR]
# by araraxi | 2005-10-15 00:00 | Event/Festival
軽便鉄道模型祭 その2
a0031522_0414997.jpg
ナニヤラお立ち台で写真を撮るのがハヤリのようで急遽・・・
レールは50番だったし、40の手持ちが切れたので貼りつけるのは見送り、取り合えず今回のブツを載せました。活白ドコーはクダンのHOn2、6.5mmです。セタはワールド工芸のブツをやはり6.5mmに、セクションとの相性もありウェザリングを軽くしました。
手前の動輪がお宝、乗工社の頚城のコッペル用6.6mmです。コイツはimonのブースの掘り出し物でした。さぁどう料理しましょうか・・・


a0031522_050622.jpgimonのブース、色々とありました。
先行発売のKATO5tには、キットとは異なるキャブがサービスされました。
先の動輪もレアでしたが、亀の子完成、キット、クレーンカーや木曽C客2段窓など市場から消えて久しいモノも・・・あるところには、あるわけですし今後も手に入る可能性も残っているかもしれませんね。


そして、ああ見たかった鳴尾鉱業が!

a0031522_057913.jpg
「うーむ、何かが違うぞ」というわけでよくよく見るとタッチが伊藤さんじゃないですか、コリャ相当手が入ってますねぇ。

a0031522_0591935.jpg
坑口にはお札(上)と安全帽云々の看板まで、脇にはカーブレールも・・・鉱山モノには欠かせない電柱、電線、碍子も。
新作KATOが快調にナベを牽いていました。
つづく
[PR]
# by araraxi | 2005-10-13 01:02 | 河原の・・・
ジャパン ナローゲージ コンベンション その1
a0031522_2239770.jpg
ガソ、集まりましたねぇ、正に十人十色、左から権兵衛さん、taknomさん、オノデラ兄、ボク、ナガウラさん、一番右がまーくんです。上段は、ナガウラさんがお持ちになられたお立ち台です。うっかりお立ち台の上のガソがどなたのかを伺うのを忘れました。申し訳ありません、ソレほど賑やかでした。ナガウラさんのには運転手がのってますねぇ、あれっ家元のが無い・・・
右上の特殊軽量とKATOはくりしまさんの作品です。ともかく小型車両がいっぱい。
多くの方がお声を掛けてくださいました。「ウエッブ見てますよ」と・・・「出来たのですね」などと話しかけていただき嬉しかったです。


a0031522_237039.jpg左は怪しいレールカーをお持ちになられた方とオノデラ兄が歓談中、あまりにもいい雰囲気に・・・
パイク以外ボカシました。問題あったら言ってくださいね。
オノデラ兄曰く「世の中に3人同じ顔の人がいるというけど、その一人と会ってしまった」
あと一人だねぇ・・

a0031522_23161927.jpg
まーくんの物量作戦もスゴイモノがありました、目移りしちゃって・・・その中でもボクの好きな2つ、左が例のフリクションドライブ、右が昨年の祭に登場した代燃に人が追い出されたゲテロコです。
この他にもナンダカミタコトモナイモノが・・・
まーくん、サイト名HOn20(508mm)が示すように762mm未満のパイオニアです。

a0031522_22595284.jpg
本日のトリは家元でしょう、新作2.5tとエッチング板組立の3tです。縦樋が手摺りになっているあたりが泣かせ所ですね。
車両紹介シートを兼ねたお立ち台もアイディアモノ、良く見ると枕木のカタチが違う・・・家元はito-worksをはじめ無動力のガレージキットを次々と動力化しています。
つづく
[PR]
# by araraxi | 2005-10-11 23:03 | Event/Festival
河原の・・・
a0031522_1552175.jpg
2フィートものにハマッテしまい、どこでも走らせられない模型をなんとかしようとセクションを作っています。成田のガソ、河原のドコーとくればイメージは砂利採集とゆったりとした河川の風景でしょうか。成瀬の映画「あにいもうと」も背景にあります。
210×920の細長いベースに、件の平沢商店(運転会以外は家にあるのでその置き場もかねて)を端に配置し、土手上の併用軌道と貧弱な木橋、あとは河原が広がります。デブコンで水の表現までは時間が・・・お天気が良くないこともありボンドが乾かない・・・河原のディテールも詰めたいというのももう一つの理由です。
[PR]
# by araraxi | 2005-10-08 16:02 | 河原の・・・
河原のジプシー3
a0031522_219262.jpg
上回りがナンとかカタチになりました。臼井本の他のなかまたちにヒントをもらって、ホイッスルを屋根上に。

a0031522_21201910.jpg蒸気管を作ったけどコチラは雰囲気が変わりすぎてボツにしました。時間無いのに何やってるんだか

フレームの件、当摩さんに無理を言ってスペアーのエッチング板を頒けていただきました。これでフレームが詰められます。

家元、9mmでも組んでみたいですね、良いキットですコレっ!。同型機が複数ゴロゴロも魅力ですしね。

「鉄道賛歌」にゲージの違う炭坑ロコの話がありましたっけ、刷り込まれているな〜。


実は、隠し球がアリマス。明日にはアップできるかな・・・
[PR]
# by araraxi | 2005-10-07 21:20 | 河原の・・・
河原のジプシー2
a0031522_23375435.jpg
フロント周りに取りかかりました。家元からの水平のアドバイスなど参考になります。
天窓はパカッと開いたタイプ、そう、その昔KEMURIPRO.が木曽のボールドウィンでやってたあれです。
確か、かのボールドウィンはダックスストーリーでフォーニーに化けてましたっけ・・・0.2×0.8の帯金で穴の周りに立ち上がりを付けました、ふう。

さてフレーム、組んでしまったけど巾を詰めたくなって来ちゃいました、ど〜しよう!?
[PR]
# by araraxi | 2005-10-04 23:35 | 河原の・・・
河原のジプシー
a0031522_2101496.jpg
足回りここまで来ました。良く設計されたキットです。
2段落としのギャーにしたためにモーターセンターがオフセットしています。モーターは大きめの15mm長のものをコールバンカーを切り抜いて・・・偶然とはいえコールバンカーとモーターの高さがピッタリ、フタをするか石炭を盛るかですね。
まだ、難関のフロント周りが残っています。

家元〜!シリンダー、ロッドの組み込みの注意点、手順など教えてください[オネガイ]

まーくん、こだわればポイントも厳しい世界が待っていそうですね、イロイロ、アドバイスを。
[PR]
# by araraxi | 2005-10-02 21:08 | 河原の・・・
モロさんとクリッターズクラブ
モロさんの個展へ出掛けてきました。最終日ということもあり、皆さんにもお会いして・・・
a0031522_039184.jpg

家元曰く「モロさんのは写真難しいよねぇ、作品が切り取られたワンシーンだけに、更にカメラで切り難い」と、
ボクはいつもレイアウトやモジュールに立った気持ちでカメラを構えていますが確かに難しいです、モロさんのは。
上は背景にケースをアレンジしました。これくらいが精一杯。皆さん赤い足尾にいたく感動されていました、確かにイイねぇ。ボクはトラクターにも・・・

a0031522_0412096.jpg
クダンのギャーは活白のドーコー、tomaさんのガレキです。
コレをワールドのギャー改とダルマヤスライスで、36:1で走らせようと考えています。通常のナローモノが16:1位ですから半分以下のスピードに出来るはずです。ここのところ調子にのってるHOn2、6.5mmで、軽便祭にお披露目できるといいなーと。
[PR]
# by araraxi | 2005-10-01 23:36 | 河原の・・・
日本版ナローゲージコンベンション2
a0031522_21225064.jpg
お祭りもイイモノですねぇ、ナガウラさんが登場!お会いするのが楽しみです。
タイミング良く「とれいん」にナガウラさんの記事が載っています、以前からナガウラ文学青年の語録には惹かれていましたが、誌面で読むのはまた良い。
ナガウラさん、お立ち台持ってきてねぇ〜

安曇野のキットが到着、緑のワニ箱が届くのは1年ぶり位、KMCにあるまじき・・・中にくりしまさんのインプレが、これがまた良い文章で、読ませます!
すぐにでも封を切りたくなっちゃいました。そうそう、記念品も決まったようでサイトの表紙が更新されました。これも楽しみです。

左上のフレーム、ナニをと・・・・判った方にはビルケースキットを差しあげます。
[PR]
# by araraxi | 2005-09-27 21:32 | Event/Festival
日本版ナローゲージコンベンション1
シェフの骨折りで日本版ナローゲージコンベンションが開催されます。
ブツも賑やかで、
某安曇野の記念品はアレだとか、アルモデルはナイショだとか、イモンは加藤が先行発売、銀座ガレージは苫小牧の客車、ワールドは足尾の編成と・・・

a0031522_21313061.jpg
下で書いたから?じゃないでしょうが、チョイと気になります、ね。

まーくん、ウチのブツは6.5mmでやっちゃいました。というのもzゲージの小径車輪が何組かアリ何か牽かせる物をと・・・
オノデラ兄、ベルトコンベヤー拝見です。ダミーでもパイクに動きがでますね。
[PR]
# by araraxi | 2005-09-25 21:35 | Event/Festival
2 footers
a0031522_21593355.jpg
足回りも、イバラの道が待っていました。
色々検討した末、やはりあの引き締まった足回りは、2フィートでしか実現できないという結論に達しました。
まーくんや、長者丸さんの影響も多大であることは否めません、罪な方々です(苦笑)
古くは乗工社コッペルの2フィートなんて記事もありましたっけ。

ああ、ドコへ持っていっても走らせられない車両が・・・

先台車はミニランドのテンダーから、奪ってきました。当初9mmの車輪を改軌したのですが、しっくりきません。
振れてしまって巧く組み立てられなかったITO-WORKSの「マニア向け組立車輪」(命名も・・・)に再挑戦です。
駆動は、お年玉に戴いたワールドNの「キヤ90」の足回りを切り刻んで・・・軸受けは往年のひかり模型、モーターはアルモーター、純正です(笑)

手前はピコのフレキです、アップに時間がかかったのは本業の多忙もあったのですが、40番使ったレールの作成に・・・
[PR]
# by araraxi | 2005-09-24 22:12 | HOn2