スゥエイバック 成田のガソ5
a0031522_040590.jpg
このキット、なかなかの優れものですが屋根が・・・中央部分がかなり凹ンでいます。
目で見るよりカナリです。
「気になるよぉ〜」と家元から・・・

ペーパーでガシガシしました、上は修正後の画像です。
[PR]
# by araraxi | 2005-09-24 00:41 | HOn2
排障器と給気管 成田のガソ4
a0031522_22331757.jpg
フロントのスカスカがこの車両の特徴ですが、サスガに寂しい・・・本体はキットのパーツを利用、足は0.2×0.8の帯材と真鍮線から自作です。代燃の給気管とステップを追加、これで上周りは終わりにしようかな・・・
[PR]
# by araraxi | 2005-09-20 22:37 | HOn2
代用燃料 成田のガソ3
a0031522_22462512.jpg
代燃装置は木炭などを燃料とするための装置で湿式、乾式とコレはコレで奥の深い世界がひろがっている。
まぁ今回はあまり突っ込まないで雰囲気で・・・完成を目指します(笑)
パーツはモデル8のロスト、チョコチョコと丸パイプその他を追加。

というワケでオノデラ兄ゴメンなさい、細かくもナニもモデル8ベースで、ペコ。
家元、どーもどーもです。

車体の方は、手摺りを0.35、ステップを真鍮角材で立体感を持たせました。
[PR]
# by araraxi | 2005-09-19 22:54 | HOn2
成田のガソ・その2
a0031522_22525651.jpg

彼の地では鮮魚台だそうです、同じじゃ芸がないので・・・
[PR]
# by araraxi | 2005-09-18 22:52 | HOn2
成田のガソ
a0031522_3283940.jpg
非常に組みやすいボディでしっかりとハコになりました。
なんだか物足りたくて、やはりイバラの道を・・・
お約束のエンジンはフォードのV8、九十九里の末期に使ってたアレです。
ホントはもう少し非力なヤツが良かったのですが、手元にあったのがコレでした。ついでにと言おうかボンネットももっこり膨らんだキットのメタルパーツを真鍮でスクラッチ、いえいえエグレたかたちのプラパーツにしようかと。
悪のりしてコレだけで終わらないのが今回のガソです。

先回のサロンで、ナガウラさんのオペルは話題の中心でした。後から作る人はアレをどうやって越えるか・・・皆さんアタマをひねってました。
[PR]
# by araraxi | 2005-09-18 03:00 | HOn2
87/87
a0031522_2134171.jpg
JAMの屋外展示のポッター(羅須地人)バーチカルボイラーのギヤードロコです。産業用としても十分通じる風貌です、個人的にはフロントカバーを外したエンジンの見える格好が好みです。
遊園地っぽくならないカットをと・・・ナベとトラポール、搬出用に待機中のレッカーを絡めたのが上の写真、どんなものでしょうか。
a0031522_21403510.jpg
グッと来たのが足尾の客車です。丸窓がアクセントですねぇ、NGJのSさんのフルスクラッチ、スケールはGだそうです。HOでも欲しいねぇなどという声も・・・
a0031522_21491648.jpg
今回は背中を向けることになった平沢商店、クダンのビールケースもこちらからだとよく見えます(笑)ビールケースキット、色々話題も拡がって、無蓋車に載せる、ワムのドアからチラッと山積みが覗く、これだと組まなくてもいいねぇなどと・・・よろずやの店先でひっくり返して野菜ハコの台にもなるねぇと話はつきません。限定15枚底を尽きました。
[PR]
# by araraxi | 2005-08-21 21:57 | Event/Festival
BEER CASE 2
a0031522_2111231.jpg
あららぎ屋謹製ビールケースキット(笑)作りました。両面印刷で最も適当と思われる紙に刷りました。しかし小さいです、勢いとはいえ良く作ったなぁと・・・
明日、JAMの会場に少量ですが持っていきます。

まーくん、そーなんです。
[PR]
# by araraxi | 2005-08-20 20:56
BEER CASE
平沢商店、今回のお題はビールケースです。
片岡さんの写真を見ながら、3メーカー4種のケースを作りました。
コレが1/87だと小さい小さい・・・
マークなど、ほとんど見えません(苦笑)でも、ちゃんと作ると感じることは出来ます。宜しければJAM会場でご覧感じてください。
a0031522_2142035.jpg
ケースの角がアールになっているのがポイント、微妙にトーンを変えて退色したモノも混ぜています。これで酒屋も開業出来ます。(このロゴ、見えたら見えたで商標などの話も出てくるのでコレはコレで結果オーライか)

a0031522_22114248.jpgそうそう会場ブースの向かいがIMONさん。
Iさんの手がけたKATO5tが・・・
カプラーポケット、ボンネットなどがスケールに近くなり、キャブは低屋根。
見本の組立もIさんだそうです。
キャブのバリエーション展開をリクエストしておきましたがどうなることでしょうか・・・
(聞き漏らしましたが、発売は暫く先らしいです。)
[PR]
# by araraxi | 2005-08-18 22:01
平沢デパート/台所
今年のKMC/JAMの特徴は、新作と2級線分岐でしょうか。本線の一部には春の合作「瀧越」も加わります。
平沢デパートのブラシュアップを少々・・・3/4間の店部分の引き戸は通常よりワイド寸法です。
前回の時は手が回らなくて・・・しっかり作って嵌め込むとイイ感じです。

もう一つは、チマタで皆さんがハマッテいるキッチNのキット、彫りも深くてパーツも細かい、プロトタイプに惹かれました。
忠実に作るのも良いけど、炭砿鉄道の水槽車兼消防車と化ける予定です。
a0031522_23393695.jpg
残暑も厳しい日々ですが、東京湾の風に涼を求め、お帰りにはKMC/JAMへお越しください。
[PR]
# by araraxi | 2005-08-17 23:43
モジュールの楽しみ
先日、KMCのミーティングが中野の某所でありました。
JAMの前ということもあり、新作のお披露目とチェックも兼ねたものとなりました。
モジュールの楽しみの一つに「組合せの妙」があります。隣同士が入れ替わることで思わぬ光景を目にすることが出来ます。
今回のヨロコビが下の写真です。メンバーは判ると思いますが撮影時、望遠で狙い更に画像を裏焼き反転してあります。
どこかの中継土場にでも見えてくれれば御の字・・・
a0031522_215596.jpg

当日の様子は長者丸さんのブログと近藤ラマスターのブログをご覧下さい。
[PR]
# by araraxi | 2005-08-09 21:57
内燃本とフォードソン
内燃本の下巻を購入・・・
a0031522_1505648.jpg
ボクが多くを語らなくとも・・・名取さんのブログ
それと、一年前のお約束がこちらに・・・

[PR]
# by araraxi | 2005-08-04 01:03 | Printed matter
田宮のお化粧セットのツボ
御大にネタバレ写真をリンクしていただきました。
まだの方は下のインプリンティングのComentsから投稿者欄のSueRoomをクッリックして下さい。

改めて拝見しながら、ガラスの角度、ボールペンの節、薪の話など細部のことから、レールのレの時も無い構成に当時の衝撃を再確認しています。
機会があったら是非、現物を拝見させてください、撮影も・・・

a0031522_23265524.jpgタミヤのウェザリングキット、その粉っぽさが少なく、油っぽい感じもまさに化粧品感覚。

少々ツボを・・・
やはり、光沢面よりはマット面の方がノリが良い、というワケで最初にマットクリアーなどを軽く吹くのも一つの方法。

付属のスポンジ筆は優れものですが、当然の事ながら入り隅には届かない・・・入り隅はウォッシングなどでシャブシャブ処理しておいてからが良いようです。

スポンジ筆は、コスリ付けるというよりは押さえる感じで・・・これはカナリのツボです。
この辺りもまさにお化粧ですね。

スティックタイプ画期的、と言っても、要するに口紅ですね(笑)
下のダンプカーの手前の軸箱から朝顔の辺りの泥汚れがソレです、脱線して斜めに突っ込んでそのままという設定です。
このスティック柔らかさがイイです、キャップ外しておくと乾燥してカチカチになっちゃうのでご注意を。

いずれにしろウェザリングの敷居は低くなったのではないでしょうか。
[PR]
# by araraxi | 2005-07-28 23:45
インプリンティング
a0031522_2158513.jpg
ぼくの模型眼が開いたとき、目の前にあったモノに「林道の脇でダルマになったC型客車」がある。ご存知の方はご存知かと・・・これが完璧なまでに刷り込まれている。

思わぬ方から、コメントを戴いてしまい恐縮しています・・・

ということで、お手本を見ながらゴソゴソと・・・とってもじゃないけど、プラをアノ質感までは持っていけませんでした。
というわけで、脇にあったバスウッドのクラフトキットをクダンのウェザリングキットでお茶を濁してお返事のかわりに。

オノデラさん、ドライブラシのコッペル拝見、手を加えてナンボやね。

ナガウラさん、ボクも立ち読み派です模型誌・・・トップレイアウトは買いました。
       でも伊藤さんの写真は縦画がいいねぇ、大野さんのは横だけど。

長者丸さん、 DC巧いなぁ、長者丸さんのウェザリング、好きです。

家元、    家元ヒント集、色々ありますねぇ、シンガーもどきのドライブラシも。

Taknomさん、タミヤのキット試して見て下さい、画像拝見に行きます。

みのるさん、 あんまり誉めないで・・・電車楽しみにしてます。
       ウェザリングキット、チョッとクセがあるけどお手軽ということです。

myabiさん、 キッチンの山スゴイな〜、ボクの頼んだモノは暫く先らしいデス。

近藤ラさん、 ブログ絶好調ですね、飛ばしすぎぃ、写真は自然光で影がくっきりデスね。

くりしまさん、こちらこそご無沙汰です。ボクの手元にもありますヴィットマン!
[PR]
# by araraxi | 2005-07-27 22:38
裏庭
a0031522_1994064.jpg
お手軽でなかなか使えましたウェザリングキット。
ベースのマツダがツルピカだったこともあり、色々と試してみました。墨というか黒が使えますねぇ、色合いの強いのを押さえるのに・・・ハイライトは正にドライブラシ感覚でした。

このキットの唯一の欠点はコーナーの奥に色が入りにくい、もちろん筆などを揃えればOKですが。やはり湿式系のシャブシャブで最初に入り隅を仕上げてからウェザリングキットに移るのが良いようです。ドライのみで済ませるのはチョイと厳しい。

散々イジったその上でかなりの部分を拭き取って、軽くマットクリアーを吹きました。その後もう一度ウェザリングキットでお化粧。

黒でフィルタリングしたためか塗り直したかのように落ち着いたブルーになり、あの記憶の色が・・・
プロポーションを崩しているバックミラーは片方をもぎ取って・・・木曾の酒井だねぇ(笑)
[PR]
# by araraxi | 2005-07-24 19:22
お手軽、ウェザリング
a0031522_0105113.jpg
タミヤから発売されたウェザリングマスターとスティック、なかなか良さそうです。
ナンダカ化粧品見たいなんですコレ、マスターはパレットタイプ、付属の筆でドライブラシ的に使う、このスポンジの筆が結構良い感じ。
スティックは、コンテかパステルみたいな感じ、両方ともウエットな感じで食い付きも良さそうです。
取り合えず、このピカピカのマツダをこのツールのみでウェザリングしてみます。

http://www.tamiya.com/japan/products/87080weathering/index.htm
動画もあります。
[PR]
# by araraxi | 2005-07-19 00:23
DCCでぶるぶる
a0031522_0354139.jpg
サーバー移転後、最初の更新です。
今後、旧コンテンツに手を加えたものと新コンテンツを順番にアップして行く予定です。
[PR]
# by araraxi | 2005-07-18 00:37
暑気払い
a0031522_0104367.jpg東京は気温も上がり、いよいよ夏が・・・

サイトも1年になろうとしているのにアララギは一体何をやっているのかと某二兄に・・・

涼風の心地よい隠れ宿でクリッターをつまみに冷酒を・・・
コレは効きました。


a0031522_0202998.jpgこのミニオフ会のメンバーは左の写真からご想像下さい。

グラスに映る緑がまたご馳走でした。

さあ、頑張るぞっ・・・
[PR]
# by araraxi | 2005-07-17 00:25
へんな電車
プロバイダーの都合でURLが変更、適当に作ってきたパスやディレクトリを見直し中です。
まあ、コンテンツは順番にアップしていけば良いのですが、イロイロと問題も残している。
というのも一部コンテンツのネタが見つからない、バックアップしたはずなのに・・・

a0031522_23374774.jpg

みのるさんの作っている「へんな電車」そのイカガワシさが結構ツボに嵌っている。
以前、RINさんに見せていただいたモノが上の写真。
なかなかのロケーションを、なかなかの凸凹振りで、このいい加減さ なかなかお目にかかりません。
RINさんには、追加をおねだりしてあります。
ツボに嵌った方はぜひラブコールを・・・
[PR]
# by araraxi | 2005-06-26 23:39
秋田のドンキー
片岡さんから送っていただいた秋田のドンキーをアップします。
ただしコレ暫定版で不明な点も何点か・・・
ご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教示ください。

秋田のドンキー、片岡さんの取材ノートによると「秋田営林局には大正時代に3台位ドンキーが入っていて、場所は早口、七座、能代」であったというクダリです。

僕の持っている昭和28年発行の「秋田の伐木運材」によると仁鮒(能代)に導入された綱島式蒸気集材機がその最初であったとあります。また、24年の燃料消費を示す表には早口、能代の項に蒸気三胴とあります。

片岡さんのノートにある場所のうち七座は営林署名のようです。「秋田の伐木運材」に七座営林署という記述があるので。ところがこの本、路線とか営林署内の情報が全くない、歴史的な記録というより実施状況のような本です。

このナニヤラ良い感じの名称「七座」ってドコだったのでしょう?

いずれにしろ、戦後まで蒸気ドンキーが活躍していたということは、興味深いことです。
SHAY & Othersから
[PR]
# by araraxi | 2005-06-13 01:05 | Printed matter
田舎電車
a0031522_0481941.jpg
北恵那こんなところも走ってました。落ち穂拾いです。
砂岩系のくずくずした、それでいて切り立った谷間をゴトゴト・・・
コンナ風景も北恵那ならでは、山あり、渓流あり、田んぼありとまあなんとも変化に富んでました。
ご神木を切り出したこともあったようです。

作ってみたい風景の一つです。

そんなところで、合体ロボ、近藤ラ会長のホームページが、お楽しみです。
会長〜! PDFファイル重すぎぃ・・・
http://www.87module.com/index_ID.html
秋にはすごいことが、起こるそうです(笑)
[PR]
# by araraxi | 2005-06-03 00:54
donkey!
a0031522_0103297.jpg
ドンキーエンジン準備中です。
本編にアップしました(5/22)
[PR]
# by araraxi | 2005-05-21 00:13
瀧越
a0031522_0212332.jpg片岡さん、ありがとうございました。
ポスト林鉄エイジではありますが、当時の空気をほんの少し感じることが出来ました。
瀧越モジュールに関わったメンバーも同様だったと思います。

当時のお話など聞かせていただく機会などあれば嬉しいです。モジュールも見て戴けると良いのですが・・・

発見しました! 腕の位置がカメラ構えてます! ひゃ〜! 福井さんから送っていただいた写真に火の見櫓からの俯瞰がありました・・・ますますタイムトリップです。
[PR]
# by araraxi | 2005-05-07 00:25
瀧越
a0031522_2333957.jpg
片岡さんからお送りいただいた写真で、瀧越プロジェクトのメンバーに衝撃の走ったモノが上の1点です。(片岡さんの了解を得て掲載しています、商目的での利用は禁)
視点が広く、周辺環境との関係性が良く捉えられています。
片岡さんからは画像以外にもアドバイスを戴き、大いに奮起しました。この他、U太さん経由で福井さんからも画像をいただき、多くを解明することが出来ました。
改めてお礼申し上げます。
a0031522_2341501.jpg
モジュールを作る上では、火の見櫓周辺、消防倉庫など今までのカットではお目にかかったことのないブツも解明でき上の画像になりました。シェフと一部を師匠が作りました。
この消防倉庫の扉は、恐れ多くもシェフにダメ出しをして作り直してもらいました。
[PR]
# by araraxi | 2005-05-05 23:50
瀧越・平沢商店
a0031522_22434473.jpg
a0031522_22321058.jpg
この集落唯一の商店は、軌道に面した側は平屋、反対の南側は2階建てです。
2階(上階)のほぼ3/4は商店のためのスペースです。
架構に特徴があり、商店スペースの柱を無くするためにトラスを組んだ構造となっています。(一般的な民家には珍しい構造です)室内の作り込みはコレからですが、過剰にならないよう適度に楽しめることが出来ればと考えています。
南側のポイントは物干し台でしょうか・・・ナガウラさんのように生活感を持たせたいですね。

プロトタイプにこだわることから発見があります。
[PR]
# by araraxi | 2005-05-03 22:50
滝越モジュール
a0031522_238253.jpg
共同作業とはいえ、2ヶ月でなんとかカタチになりました。
a0031522_2422133.jpg
ぼくの担当の平沢商店も一部未完、ビールケース一升瓶キャリアが少ないなどの不満はあるモノの雰囲気は出たのではと・・・

取り合えずご報告まで、ちなみにボク、シェフ、懐煙さんは東京残留組デス。
モジュールネタに、色々話。聞いてきてね〜!

つづく
[PR]
# by araraxi | 2005-05-03 02:50
瀧越モジュールその後
↓でお願いしたところ、片岡さんから当時の写真を送っていただきました。
そのメールの中で、現地取材の大切さを再認識、有志で木曾へ足を運びました。
偶然でしたが、平沢商店のおばさんにもお話を聞くことができ、収穫の多い木曾行きとなりました。
a0031522_173641.jpg
現役当時、商店の前のポイントの一つ、たばこの幟です。商品の埃よけとしておばさんが縫ってつないだそうです。
a0031522_1102156.jpg
みんなで製作をするためもあり、多くの建物を図面化しました。
実物にコダワルことがリアリティにもつながり、また、社会的な意味もあると考えています。

薫風の5月よろしければ、木曾へおはこび下さい。
http://kiso-mc.com/outaki-fes05/plan.html
[PR]
# by araraxi | 2005-04-20 01:17
たすけて〜!
a0031522_1325858.jpg
現在、木曾モジュール倶楽部の有志で滝越をモチーフとした大型モジュールを制作中です。
ストラクチャーの資料が少なくて苦慮しています。現役当時の画像をお持ちの方がいらっしゃいましたらご協力いただけませんでしょうか。BBSへ書き込んでいただくか、右のmailからお願いします。(特に平沢商店の当時の様子、集落南側の風景など)

たすけて〜!
[PR]
# by araraxi | 2005-04-06 01:37
表紙更新
a0031522_10464667.jpg

[PR]
# by araraxi | 2005-04-03 02:45 | SHAY
ど〜しよう・・・
a0031522_453657.jpg

[PR]
# by araraxi | 2005-03-30 01:05 | 8100のこと
FINESCALE 別冊
a0031522_0185791.jpgファインスケールの別冊です。
ロギングモノがタップリ!です。特徴的なシェイで有名なミシガンカリフォルニアランバーカンパニーにかなりのページが割かれています。シェイがゴロゴロ、谷わたりのケーブル、製材所とその水中貯木場、大きく円弧を描いて池を回り込む路線などなど、単行本(PINO GRANDE)はあるのですが、未見の写真もあり改めて楽しめました。
この他、昨年のナローゲージコンベンションの作品など森林鉄道好きにはたはたまりません。

残念ながらこの号は、丸ごとダウンロードできません。さかつう、新額堂あたりで入手可能でしょうか(チョイと高いけど・・・)
[PR]
# by araraxi | 2005-03-27 00:02 | Printed matter